心の悩みに気づいてますか|不眠症に悩まされているのなら|眠れない日々からの脱却

不眠症に悩まされているのなら|眠れない日々からの脱却

病棟

心の悩みに気づいてますか

医者

気づかない病状があります

体調が崩れて内科へ行っても特定の原因がわからない場合があります。そんな時には浦和の心療内科を診察してみてはいかがでしょうか。原因不明の頭痛やめまい、しびれなどが体に現れているのに長期間解決しない場合、精神的な負荷を疑ってみる事も大切です。浦和の心療内科ではこのような症状を仮面うつ病と考え、心療内科と他の科と協力をしながら治療にあたる場合があります。うつ病といっても最近では常時抑鬱状態にあるわけではない症状もあり、自覚症状もないまま体の不調が出て初めて精神的に負担が掛かっていることに気づく例もあります。高齢になると更年期障害と共に初老うつ病と呼ばれ、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっていきます。

サポートが大切です

浦和の心療内科では、家族や周囲の人との定期的な触れ合いが大切と考えています。自覚症状がないストレスの蓄積は、家族の目から見るとその異変に気が付くことがあります。物忘れがひどい、服装に無頓着になる、急激にやせてきたなど、その変化を見つけたら家族と共に浦和の心療内科へ気軽に相談してみましょう。カウンセリングを受けることにより自分の負担が軽減され、本格的な治療を行う前に解決する場合もあります。うつ病と診断されたら薬物療法と認知行動療法によって自分をコントロールできるように訓練していきます。周囲の人も意識過剰な接し方をせず、温かい心でサポートしてあげましょう。一度良くなってもぶり返す事もあり、中長期的な治療をしていきましょう。